FC2ブログ

おっぱいフェチブログ

おっぱいフェチサイト、BoinBB.comのスタッフがお送りするおっぱいにこだわったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

企業戦士のススメ

こんばんは、ボインマスターです。

今日は新人のギャラリーを紹介しようかなと思ってた程度であまりブログネタを考えてはいなかったのですが、最近の思った事でも綴ろうかなと。といっても仕事ですのであまり面白くなかったらスルーでギャラリーをご覧ください苦笑。

表題に関してです。例のアルジェリア邦人人質事件の件です。非常に残念な結末になり、関係者遺族の方に深くお悔やみを申し上げます。

マスターは日揮が展開するプラント事業に関しては全くの無知であまりその件に関しては知識がない分書けないのですが、海外赴任した社員の話を聞いていて、彼らのような人材が亡くなる事は非常に大きな損失だとTVでも報道しているようにマスターも思いました。やはり、日本企業の成長や海外での成長を目論むには、彼らのような方々がいてこそです。赴任先の話ではなく、そもそもの気質、いわゆる企業戦士とでもいいましょうか。

企業の成長や躍進の陰には必ずそうした人材がいます。これはもうどこも同じです。そうした人材がなくなるのは会社にとっても、ひいては業界、日本にとっても大きな損失です。

ではそうした人材はどうしたら出てくるのか、どうしたら育つのか、企業の永遠のテーマでもあり、そうした多くは経営者や社風、社内環境の上でそのような人材が出てくるものです。ですので企業戦士が欲しければそうした努力をせねばなりません。逆に、企業戦士たるもの、若しくは企業戦士として戦うにはどうしたらいいのか、その心構えと言いましょうか、、そうした物自体はマスターでも何となくですが自分なりの考えがあります。

まず、企業戦士や、ひところ流行ったモーレツ社員、、彼らは会社の宝であり、財産です。会社を第一にとは会社側から言いませんが、会社こそ第一、会社を家族と思った人達は高度経済成長からバブルにかけて数多くいたはずです。彼らが日本を支えていたのは間違いないと思います。そうした人達はどう生まれてきたかというと、本質はいたってシンプルだと思います。要は企業と社員の双方に必要な要素と未来の提示を満たす事です。但し、だからこそ難しいとも言えます。なぜかといえば、、その形を作れば必ず儲かるわけでも利益があがるわけでもないのです。厳密に言えば、社員の為に会社があるわけでもなく、社員も報酬の為にやるわけで、当然ですがそれ以外の何かがなければそうした企業人になる事は中々難しいと言えます。。ですので会社そのものや経営者への魅力や企業の世間的なステータス、ブランドや歴史、事業や方針等、、それに付随する忠誠心が絶対的に必要なわけです。要するに社員が能動的に忠誠心を持つ形と言いましょうか、、企業戦士といわれる人達多くに共通する項目はこの忠誠心であり、それに伴う見返りや結果は企業戦士を要する会社には備わっていました。

マスターはこうした精神をもつかつての企業戦士を素敵だなと思ったりもします。無論高度成長時代を生きたわけではないのですが、その頃の書物や映画等を見ると、直向きに取り組む企業戦士が躍動する絵が出てきます。マスターが好きな戦国時代でもそうです。無論これを肯定も否定もませんが、単純にそこまでできる事を会社側として、または社員側としてとても羨ましく、ある意味理想的な形であるなと思います。

会社や組織は、その人の才能を認め、功績を評価し、相応な対価を払う事で、人材から忠誠心を芽生えさせる事は出来るかもしれません。

では、逆にそのように会社側にそう思わせるにはどうしたらいいか、、それを考えることとしましょう。


これはマスターなりの考え方です。ですので、企業戦士と言われる方々には違うと言う意見もあるかと思いますが、マスターが経験してきた事や小組織の中で思った事です。

小組織や歴史が浅い会社というのはある意味自由です。やりたい事も結果さえ伴えばやらせられる風土が大方有るのではないかと思います。絶対的なトップダウンはあれど、今まで試さなかった同業種の違う分野や、はたまた未知の分野に可能性を見出したい小組織はこのご時世たくさんあります。そのフットワークの良さは、歴史の浅い企業で働く人たちのひとつのメリットでもあります。これは、大きな組織にいるよりは遥かにそうだと思います。ある意味ここで、大きな組織と小さな組織での社員における行動方針の意識の差があるのではないかと思います。

小組織は与えられたミッション幅の広さや責任の重さにより、任せられていると思い、結果つき対価が伴えば有る程度この会社についていこうと思うはずです。失敗してもいいぞという免罪符がもらえた時、会社は人材として認め、忠誠心も芽生えてくるのかもしれません。

小組織は数の論理で物事に当たれません。故に1人の力に頼らざるを得ない弱さがあります。それ故、社員1人の意見や可能性でも場合によっては採択します。マスターもそうです。どちらかというと、マスターが出す絶対的な命令より、社員の意見を登用して出来る限りリスクヘッジ出来るレベルで可能性を見出し、失敗での経験もさせたいと思うのです。

概ね、諦めなければ、というか、、撤退しない限り社員1人が好きでやる仕事というのはリミットさえ非無限なら成功すると思います。資金が続く限り、ここで成功するまで上がやらせるか、市場が見える程度で終わらせるのか、色々終着点はあれど、成功する限り続ければ必ず成功するはずと思います。

しかし、、上記理由などで終わらせる事が多いと思います。意見を採択された者は基本的に能力があります。ここで、成功する迄やったとして、、これはひとつの成功体験として有頂天にならず、喜びはあれどこれが絶対的な評価ではないと思ってください。

なぜかといえば、好きな事、やりたい事が成功するのは一番でありますが、しかし、、それは能力がある人間ならば必ず出来るからです。環境がそのような環境なら必ずそうしたチャンスがあります。ただ、ここで満足はしてはいけないのです。

逆に、、上からのミッションがあります。企業のトップや、はたまた上司から、そうしたミッションがいくでしょう。そうした人間の価値はここで出やすいと思います。ミッションをうける社員も1個人です。ですので、これがうまくいくわけないとか、間違っていると思う事もあるでしょう。自分の本意ではない事や、人選が違うだろうとか、色々あると思います。しかし、受けたのは自分です。ただ、こうした案件こそ自分の価値や会社の価値を試す大きなチャンスだと思うのです。

いやいややっていてもうまくいきっこない。だが、そうした案件こそ、そうした自分には難しい案件だからこそ必ず成功に導かせなければなりません。言われた難題は全て打ち返す、これぐらいの気持ちでやれば逆に楽しくなります。そうした案件こそ、小組織では大きな積み重ねの案件になるのです。

なので、最近マスターは、「これは厳しいな」と思う時の方が逆にチャンスと思います。無論、自分の読みに反するのですが、そうした案件で結果が出た時の方が嬉しいものです。逆にこれは間違いなく大きく成功するといったやつは、全うな努力さえすれば概ね成功は近い。しかし、これは難しいなと思う物を成功させた方がなぜか喜びが大きい物です。自分の意に反した物を、逆に成功に導くのは中々難しいのですが、自分が正しいと思った事よりも、よりそうした物を成功に導いた方が喜びも自信もなぜかつくものです。

こうした事は実は目立たないのですが、評価に大きく繋がります。今、企業は新しい分野でプラスにするより、マイナスの部分をトントンにするか、プラスにする方が利幅が高い。掛る経費は一緒です。

大企業だと逆に自分の意見は年齢や実績をポジションをつかまなければ中々採択されません。なので日々そうした案件はあるでしょう。だから大きな案件で成功させた時の喜びはひとしおかもしれませんが、案外小さな組織というのははじめこそ「これだ!」と思ったものが成功すれば嬉しいものですが、段々経験を積めば「これだ!」と思うものは成功して当たり前であり、逆に難しい案件をこなす方が喜びも価値も見いだせてくると思います。

そうした部分というのは、実は大きな仕事を当てるよりも、案外目立ってきます。今自分がそうしたポジションに置かれたら、どんなことでも全て打ち返して思ったより数字出してやる!!と思ってください。期待していたものが期待通りにより、期待してない事が期待以上の成果になるのは非常に大きい事です。それが今風の企業戦士かもしれません。


これで思い出したのが野球です。

プロ野球は今年間144試合あります。4月~10月迄シーズンがあります。大体1ヵ月に20試合の興行があります。
実は、マスターの会社では同じくらいのタイトル数のDVDを世に毎月リリースしています。

野球は144試合全部勝つ事は不可能でしょう。但し負け試合をどうするかで勝ち試合に響くと言います。DVD販売も多分毎月20タイトル勝つのはかなり困難かもしれませんが、負けそうなタイトルがあるとしてどうするかは野球もAVも同じ商売と興行で意外と変わらないのかなと思ったりします。これは負け試合をどう作るかをやった元中日落合監督他、歴代の名将も行った重要な戦いでした。

しかし今、日本ハムの栗山監督が、144試合全部勝つ野球を展開しています。あの長嶋終身名誉監督が全試合勝つと言うやり方と同じ方針を展開しているそうです。新聞記事を読んだだけですが、既に来年の契約延長も決まった栗山監督には目が離せません。

本日はここまでで、、新人 風音りんちゃんJカップ爆長乳デビュー!
とれたてのギャラリーを1枚ですがどうぞ!

Jカップ爆「長乳」風音りんちゃんの迫力のおっぱい!あどけないルックスで人気沸騰間違いなし!
BBガール
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/01/28(月) 18:50:31|
  2. ボインマスターのひとり言
  3. | コメント:3
<<暴力問題が色々と、、・・ | ホーム | 2013年あけましておめでとうございます。>>

コメント

>>マシュマロさん

マシュマロさん、初めまして、ボインマスターと申します。風音りんちゃん、BB動画にて配信しておりますが、、DVD化も予定していますので是非ご検討ください。

宜しくお願い致します!
  1. 2013/02/18(月) 14:26:42 |
  2. URL |
  3. ボインマスター #-
  4. [ 編集]

かざねさん?

風音りんちゃんデビュー待ってます。


  1. 2013/02/15(金) 17:49:23 |
  2. URL |
  3. マシュマロ #-
  4. [ 編集]

5ラウンドってw

6r17696a
騎乗位大好きな俺でも
さすがに5ラウンド越えると肉体的にきついっすww
http://HU7M104j.glinds.info/HU7M104j/
  1. 2013/02/11(月) 16:53:14 |
  2. URL |
  3. M男 #h1hDN/P6
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

BB動画最新ニュース

プロフィール

BoinBB.com

Author:BoinBB.com
ボインBB|BoinBB.com|おっぱいマスター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。