FC2ブログ

おっぱいフェチブログ

おっぱいフェチサイト、BoinBB.comのスタッフがお送りするおっぱいにこだわったブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サッカーのシステムとか

こんばんは、ボインマスターです。

サッカーのチャンピオンズリーグが盛り上がってますね。マスターもサッカーが大好きですが、最近の試合はあまり見れてません。欧州リーグは90年代~2000年までは熱心に見ていたのですが最近は中々見る機会が少なくなりました。しかし、その動向は常に注目しています。

サッカーにはフォーメーション、いわゆるシステムがあります。このシステムにより選手が生きる、反対にシステムにより活きないというもの様々あります。結局フィールドのプレイヤーは11人しかいないわけで、どんなシステムにも1長1短があります。

野球はポジションが固まっていて、いいところ守備のシフトといった戦術面での差異はありますが、サッカーはシステムが非常に流動的です。自由度が高いです。それ故、監督によるシステムの形というのがチームの行く末や勝敗レベルで高く依存します。

基本的に監督は自分の好みのシステムや戦術というのがあると思います。戦い方の好みです。これらは好みであり、自身のノウハウや哲学による所でどのシステムに精通している監督というのはほぼ存在しないでしょう。それだけ多岐にわたる為、ノウハウを構築する時間もないと思います。

この時チームにフィットしているのであればまだしも、自分の好むシステムに選手を当て込むというやり方をする人もいます。これでうまくいく場合もあれば限界もある。例えばチームの攻撃の核となるOMFの選手が2人いたとしましょう。でもトップ下は1人です。それを強引にSMFやウイングに使ったりと、、これはよくあります。この時、そのポジションで活路を見出す選手もいればそうじゃない選手も多数います。こうした時に両方を使えばどちらを外す事に文句を言われないが、、システムにフィットしていないと叩かれる場合も有り、どちらかを外せばなぜ使わないんだと揶揄される。中々難しいものです。

マスターはこうした人材組織の組み方で自分ならどうするか考えたりします。スポーツなのでルール、縛りがあります。会社組織にはそうした縛りはありません。

会社組織で言うならば、年齢や実績に即したポジションがあると思います。こうしたポジションにそぐう人がいなければ必要はないと思っています。少数精鋭では特にそうで、要はいる人間をどう活かすかです。無駄にポジションに当てはめても活きません。ましてや、サッカーや野球のように絶対的に決まっている人数で動きポジションを分け与えるわけではありません。ポジションありきではなく、人ありき。ですので上に立つ者ならば、システム多様性が絶対的に必要です。必要なポジションであってもなければ違う方法を取るしかありません。

そう考えて、マスターがサッカーや野球の監督をする場合どうするか。

例えば能力が同じポジションも同じOMFが2人いたとします。前提としてOMF以外100%の能力を発揮しにくい選手とします。そうなった場合は両雄は並び立てないかもしれないなと思います。
理由はあります。選手の為にチームがあるわけではなく、チームのために選手がいるとするとその選択はし難い。サッカーで言うならば、古くは西ドイツのネッツァーとオベラート、イタリアのバッジョとゾラ。まだまだ他に色々な例がありますが、概ね両雄を並べて勝った歴史はほとんどありません。逆に西ドイツは優勝し、イタリアも準優勝してます。やはり他で活きないのであれば、他の活かし方を考えるほかない。
どちらかを選ぶとしたら、一番はいかにチームにフィットするか、、それだと思います。
やはりシステムやノウハウは個人の哲学やによる部分があり、そうそう多様には出来ないと思いますが、それでもシステムあり気で選手を当てはめるのではなく、選手あり気によってシステムにはめる手段を取らないと選手そのものも活きないのではないかなと感じます。これは会社でも似たようなケースあるかもしれません。

今回そう思ったのは、野球のWBC代表選手の選考です。

残念ながら中日の選手が3人も漏れました。これは戦術的な部分でコンディションも含めてそのような決断をしたと思います。

今回WBCで好感が持てたのは、やろうとしている野球が今の国内の選手事情を考えての選出だった所です。多くの点は望めない分、スペシャリストの集団というよりは、色々な事が出来る選手が多く選ばれている気がします。小技、足、守り 等平均以上の選手が多く集まっています。

という事は、あとはベンチワークです。セ・パの盗塁王を外し、総合力と柔軟性が高い選手が集まりました。試合を決められる、一芸に秀でたスーパースターは見当たりません。今回は、そういった選手をどういかすか試される絶好の機会になったのではないでしょうか。間もなくWBCの予選がはじまりますが、今回のWBCはその組織力がどう活かせるか注目したいと思います。

本日は、、間もなく配信、エロスと艶っぽいフェイスの巨乳娘、桜瀬ありなちゃんです!間もなく配信です!

めちゃめちゃ感じやすくエロいありなちゃんです!
BBガール


まさに巨乳女豹!
BBガール
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

  1. 2013/02/21(木) 18:23:00|
  2. ボインマスターのひとり言
  3. | コメント:0

暴力問題が色々と、、・・

こんばんは、ボインマスターです。

ちょっと更新が遅れましたが、その間世間を騒がした報道が柔道の暴力問題、某高校のバスケット部の暴力問題からヒートアップしてきた暴力教育問題が波紋を呼んでいます。併せて社内のパワハラ等も新聞や各種メディアで論じられています。

散々報道にもあったので今一度暴力教育問題に関してマスターからコメントは特にはありません。時代にマッチしていないのも間違いないでしょう。根性を鍛える為に殴るというのは通用しないと思います。結論から言えば指導力不足に違いないですが、昔やマスターの時代よりも、指導者の指導する範囲や問題が増えた事があります。「先生」という立場で無条件に尊敬の対象になるような時代ではないのかもしれません。舐められる事があるのでしょうし、それでカッとなるパターンもたくさんあるのでしょう。

怖い存在で有り続ける事というのは指導者になる人達はある種必要だとは思います。厳しい言葉をかける為には常にたくさん見ていなければなりませんし、それをさぼったら厳しい言葉すらかけられません。

威厳や尊敬、畏敬の念色々ありますが、そうした人達に共通している点が絶対的に1つあります。それは常に見ている事。良い所、悪い所、変化のある所、反応。見ている人に見られていたらごまかしは効きません。今一度、人を見るという所を見つめなおす事が必要な気がしてます。

さて、、そんな書いてる途中で他の事も書こうと思っていたのですが、、急なトラブルが発生してしまいました・・・ここで一旦書き終え、また後日書かせて頂きます。

本日は話題沸騰中の吉永あかねちゃんの院内ドラマ、乳淫患者 吉永あかねのギャラリーを!!

このつぶらな瞳と極上ボディが院内で・・・
BBガール

この超美巨乳を弄ぶ・・・
BBガール
  1. 2013/02/13(水) 20:10:00|
  2. ボインマスターのひとり言
  3. | コメント:0

BB動画最新ニュース

プロフィール

BoinBB.com

Author:BoinBB.com
ボインBB|BoinBB.com|おっぱいマスター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。