FC2ブログ

おっぱいフェチブログ

おっぱいフェチサイト、BoinBB.comのスタッフがお送りするおっぱいにこだわったブログです。

ユーロ2012

こんばんは、、ボインマスターです。

ユーロ2012、、時間がある限り出来るだけ見てます。今日はあまりブログ書けませんが、マスターはロベルト・バッジョが大ファンでそれ以来イタリアファンです。今回のイタリアは今までと全く違ってスペクタクルで面白いですね。イタリアでは今までにない2トップでいいですね。

何となく、決勝まで行きそうな気がしてます。

今日は色々あって、この辺にしておきます!

本日は、お待たせしました期待の爆乳Jカップ、桃華マリエちゃんのギャラリーです!

色白美乳輪の爆乳娘!眼もクリクリしてます!
BBガール

若干乳首が陥没してますが吸いだすと勃起しちゃいます。
BBガール

顔もアソコも挟まれたいおっぱいです!
BBガール
スポンサーサイト
[PR]

  1. 2012/06/22(金) 21:21:49|
  2. ボインマスターのひとり言
  3. | コメント:2

判断には鮮度がある。

こんばんは、ボインマスターです。

物を作って売るという仕事をしていると自然と1週間単位、1ヵ月単位、半年単位くらいで製造制作、納品に従がってスケジューリングしていると思います。マスターも同じくそうです。仕事の単位はそうしたスケジューリングで動いているでしょう。例えば、予め1ヵ月の動きを考えて、11~13日の3日間は企画を練る、、14~17日の3日は実際に企画を起す、その次の週は制作するとか。アダルトDVDのリリースは半月や1ヵ月で同一メーカーの物がリリースされるので、マスターも1ヵ月間でどのように動くか、ある種のルーティンがあります。

撮影は1ヵ月に何度もあります。なので、撮影がある週はそうした企画やプロットを作る事に有る程度の時間を使います。これはほぼ毎週あります。しかしながら同時進行でwebサイトの運営管理業務やキャスティング、物販物のデザイン等をうまく管理しなければなりません。

なるべく1週間撮影は入れずに関係ない週をマスターは作るようにしています。大体月末の週が多いです。
そういう週を作ると自然とスイッチが入って、現場撮影以外の時間として有効に活用という意識が働き、色々考える時間があるのでアイディアが出たり発見や情報が入ったりします。この週には仕事でお世話になっている人や、お付き合いがある人等とも積極的に食事やら行ったりして情報収集したりもしますが、、基本的にはwebサイトの管理運営業務で戦略や更新業務、方針を固める日として使うようにしてます。やはり撮影がある週はどうしても撮影の事を反面どこかで考えてしまう事もありますが、あえて制作を入れない週があれば1週間単位で制作の事から頭を離して、目一杯webの仕事が出来たりしますのでなるべく撮影は固めて撮影をしてというように、そういう週を作るようにしています。

これになったのも、、ある時期に諸事情で色々な期日(納品や印刷など)の問題で、だいぶキャスティングや制作を前倒しなければならない状況になり、スケジューリングの意識の中に最適化を更に意識しなければならなくなったという自発的な行動でもなく状況がそうさせて今に至ります。せいぜい1年半くらい前でしょうか。

実は、1年半以上前はキャスティングや制作を決めるに辺り、予算等も踏まえてギリギリまで判断を粘っていた案件も多々ありました。粘った案件に対して色々な失敗や経験を重ね、製造物の数字やパターン、キャストの傾向、お金等、粘った案件なりに日々その傾向やデータが蓄積し、、より粘らず判断が早く出来るようになった。そうしてスケジューリングの操作が出来るようになったのかなと思います。やはり、判断と言うのは早いに越した事はありません。

ギリギリまで判断を粘ってペンディングや決定をするのも一考ですが、、仮に成功するならいいかもしれません。しかし、、その成功はそれに費やした時間も対比して考えると、仮に素早く的確な判断をしたとして失敗をする。しかしその経験する事で生まれた「時間」というものが思いのほか、製造したモノや産まれた金以上に大きな物や効果も生み出します。


ギリギリまで粘って判断した案件っていうのは往々にして大きな利益を産むというまでには至らないケースが多い。成否のグラフの幅が小さい案件です。但しメーカーとしてやっている以上、リリースし続けなければなりません。

損得の数字が大まかにでも予測で出ているのであれば、仮にどちらに転んでも、やるのかやらないのか素早く判断するのが肝要です。これはマスターのボスには散々言われ学んだ所です。良い物はすぐに決め、可能性が低いと踏めばやめればいい。可能性が低い物が当たったとしてもそれは仕方がない。そして、保留案件をその後いかに料理するか。そのままやるのか、別の方法でその保留案件を進めるのか、そういった判断をしなくてはなりません。

判断は経験とデータから裏づけされる事が多いと思います。そしてそこから来る「直感」これが物凄く大事だと思います。データはだれでも見れる、直感はすぐには働くようにはなりませんが、要は経験、それをどういうプロセスで身につけるか、、これが大事です。

鉄は熱い打ちに打てと言います。上記のケースとはまた違った時に使われる事が多いですが、判断もそうです。判断には鮮度があるとマスターは思います。そしてその判断はえてして2次的に3次的に派生します。それは人、物、金、それ以外でも。。


話変わって、、前回も話した今行ってる社員募集の話。ある程度面接が一回りしました。基本担当が面接を行っているのですが、マスターも数人と面接させて頂きました。面接した応募者が3名くらいでしょうか。今の時代を象徴するような若者を幾人か見た気がします。その件に関しては何とも言えません。

ただ、総じて自分のステータス的な目標や、お金に関しての話は皆無に等しかった気がします。その割に、安定的に長く普通に会社に属したい、といった感じが受けられました。TVで流れていた情報そのままの感じは受けます。

安定志向や長くいたいっていうのはわかりますが、、いの一番にそこが出たのには驚きと言うか違和感と言うか。。

では、、サラリーマンの企業、会社への帰属意識、そういったアイディンティティはどういう過程で生まれるのであろうか。
まず前提があります。
その比率は99対1くらいでしょうか。1の部分はグループ会社に属していればその数字が変わるかもしれませんが、概ねその比率です。

①有名企業
②その他(中堅、中小零細企業等)

今回は有名企業の話は置いておきます。これは要するに三菱にしろトヨタにしろまぁそういう看板や企業の目的が利益だけにはとどまらず国益や社会貢献など、金看板から来る前提になるので今回は置いておきます。

概ね99%の人は②に属すると思います。で、②に属する新卒も省きますので ②のような企業に入ってきたものに関して。

こういった企業に入社し、ハナから安定的に過ごしたいというのはかなり疑問に思います。それは恐らくある程度「決まった給料」で、「決まった休み」で、「決まった仕事」である程度長く、というのを意味していて、帰属意識や忠誠心からなるものでは恐らくありません。

はじめから帰属意識や忠誠心がある社員がいるわけがないとも思います。

また、帰属意識や忠誠心があるからいいとか悪いとかでは勿論ないのですが、自然とそういう意識になる環境を会社が作ったとし社員にそういう意識が芽生えればそれに越したことはく、それに併せて個人も企業も成長していけばいう事ない。

ではどうしたら帰属意識が出てくるのか、、といえば、、まず仕事に対しての考え方になると思います。
仕事とは何か、、3つあるとしたら「自分の為」「生活やお金の為」「会社の為」 まぁ大体このようになります。
まず第一に「会社の為」というわけがありません、経営者やまたは役員、または長く帰属している社員でもなければないでしょう。これは自然の事です。では生活やお金の為、、これも間違いではありませんし、これが一番になる人もいるでしょう。それには否定しません。働く事はお金を稼ぐ手段であります。

でも、何よりも第一に「自分の為」であると思います。自分の為に仕事をやっているわけです。逆に言えば仕事とは自分であるとも言えます。自分の為というと抽象的ですが、自分の目標、何になりたいか、何を成し遂げたいか、成果でもステータスでも名誉でもなんでもいい。日本一のプログラマーになりたいでもいいし、会社を起業して自分の作ったお菓子を世に広めたいでもいいし、直木賞作家になりたいでもいい。

その為に仕事がある。自分が成長し、青写真にある姿になる為、まずそこです。その為に会社を選ぶ、または、お金を貯めて起業する。そういう事です。

次に、、成果を出し、報酬、収入が増え、金銭面でも人事面でも評価を受ける。結果が出なければ評価は上がりませんし、収入も増えないかもしれませんが、良い事悪い結果を含めて評価を受ける。良い結果がでて、会社も成長した、自分も収入が増えた、もっと頑張って上を目指すであればいいし、、結果が出なかった出る為にどうするかまた頑張る。ここが大事です。会社の状況やら色々ありますが、状況に応じた上で、まずは正当な評価を出す、ここから会社の為となるのが自然です。

そうした上で3番目にようやく帰属意識、忠誠心ではないだろうかと思います。
自分の目標に合致した企業を選び、そして自分の行った成果を正当に出し、更に経営者が方向性を示したうえで社員はようやく忠誠心や帰属意識というのが芽生えます。

もしかしたら、大企業ではそうではないかもしれませんが、マスターは一般的にはそうだと自信を持って言います。

そういうのもあって、大企業でもパナソニックがあれだけリストラしてるので一概に言えませんけど、大企業でもない中小アダルトDVDメーカーに安定的にとか、、長くいたいっていうのをはじめっから入ってもいなくて先もわからない会社でそう思うのには違和感を感じる次第です。100歩譲って、BoinBB.comが大好きでっていうのならまだ話はわかりますが・・・

長々と書いてしまいましたが、ちょっと思った所です。

話変わって、

昼飯時に読んでた記事で、
リストラやら新卒採用やらの話題で、経済誌で大手各社の社長がどんな人が生き残っていくかというのを語っていた。その会社に入り、残っていく人材、それらを一言でまとめていた記事があったので載せてみる。
マスターにはその状況や発言の土台はわからないのでそれに関しては評する事は出来ないのでそれは伏せる。
概ねその一言は、その企業の土台や状況をベースに発している。

日本有数の商事会社社長は「2年後3年後の事だけではなく10年後100年後の会社の事を意識できる人」
電機メーカーの社長は「進出している国の言葉や文化に精通しているグローバルな人材」
金融会社社長は「中国や韓国人のようなハングリーさやチャレンジ精神がある人」

これらはあくまで歴史があり広く長く知られている企業なのでわかる気もする。

じゃあうちでとなったら一言何といおうかなってちょっと考えた。以前に欲しい人材とかは具体的なポイントで書いた事があるが一言で言うと何かといえば中々難しいなぁと思った。

強いてマスターの考えで会社に残る人材欲しい人材があるとするならば、
「自分の目的や目標が会社と合致し、それに向かっていける人」かな。

本日は間もなく配信の勃起率が半端ない乳首と美巨乳のERINAちゃんのギャラリーを!

キュートで美巨乳のERINAちゃん!
BBガール

こんな格好で癒されたい!?
BBガール

おっぱい出てますよ~・・・いい!
BBガール
  1. 2012/06/05(火) 21:09:46|
  2. ボインマスターのひとり言
  3. | コメント:0

BB動画最新ニュース

プロフィール

BoinBB.com

Author:BoinBB.com
ボインBB|BoinBB.com|おっぱいマスター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード