FC2ブログ

おっぱいフェチブログ

おっぱいフェチサイト、BoinBB.comのスタッフがお送りするおっぱいにこだわったブログです。

セイバーメトリクス

こんにちは、ボインマスターです。

先週は撮影が多く、現場にも赴いたため、若干疲労が残ってます。ただ、軽く残っている方が頭の回転と言いますか、思考力や集中力も持続する気がします。今週はキャスティングや資料等の作成があるので制作以上に難しい週になりましたが、変わらず平常心で頑張ります。


ところで、セイバーメトリクスという言葉はご存知でしょうか?もしご存知であれば野球に詳しい方だと思いますが。

今週、ブラッド・ピット主演で「マネーボール」という映画が公開します。アカデミー賞候補らしいです。このマネーボールにて話の重要な要素がこのセイバーメトリクスというある分析方法です。

サイバーメトリクスというのは野球において、結果における様々なデータや記録を統計学的見地から測った分析手法で、選手個人の能力を客観的に判断し、戦略や戦術に用いるという今現在メジャーリーグでも一部の球団が採用している分析手法です。

セイバーメトリクスが優れているのは、記録、数値(例えば打点や盗塁数、本塁打数等)の重要性、プライオリティに根拠を持たせている点が優れていると言われています。ただ単に統計から測っただけでなく、その出た数値や記録が重要かどうか、どの項目の数値を優先するか、そしてそれに基づいた打順や投手起用法等の根拠を示している点が新しいと言われている点であります。

セイバーメトリクスで重要視されている事として出塁率というのがあります。そして長打率。長打というのは2塁打以上の安打です。例えば年間150安打をするとして、そのうち2塁打以上本塁打が75本あれば長打率が5割となります。出塁率と長打率を合わせたものをOPSといって、近代野球では日本でも重要視されるようになりました。

それはなぜか、、、、。出塁をする事により得点機会が多くなり、長打が出る程得点する可能性が高くなるからです。単打では仮に得点圏(2塁)にランナーをおいても、打球の方向、守備位置によってはホームに生還する事がなくなりますが、長打以上ならば本塁に帰ってこれます。打者評価で得点力のある打者を長打率で測るようです。

出塁は安打するか、若しくは四死球によって出塁しますが、昔は四死球は投手のミスとしてこの数字を捉えていましたが、この四死球が投手のミスではなく打者の力量として捉えたのが、旧時代の考え方から変化したと言えます。四球をするためには選球や球数を投げさせるカット技術が必要です。こういった要素を打者の力量として見る事は日本でも昔はそれ程多くありませんでした。

結局何が言いたいかと言えば、野球は得点を与えなければ負ける事はありませんが、得点を取らない以上は勝つ事は出来ません。その部分でより精度の高い根拠を示したという事になります。得点する可能性や機会をより多くする為に打率や打点の高い人をただ置くのではなく、その機会をたくさん作る、そして効率的な打順に置く、そういう事だと思います。

セイバーメトリクス自体は実はプロ野球経験者ではなく、一般の経験がない人が考案しました。映画マネーボールでは、このセイバーメトリクスを採用し、弱小貧乏球団を勝利に導くGMと言う事でそのGM役がブラッド・ピット演じるビリー・ビーンという今現在もアスレチックスでGMをしている現役GMの話です。

今週公開するので早く見たいのが山々です。

セイバーメトリクスの難点は、データに客観的で、その試合その試合、展開、状況や作戦までは、その数値から全ては見出せません。その為、今もって現場では「野球はデータだけでやるものではない」と取り入れていない球団もあります。但し、野球のあらゆる数値に根拠や重要度、優先度を持たせた事に、これが正解かどうかは別として大変大きな進歩になったのは間違いありません。今後もどんどん新たな指標がセイバーメトリクスに組み込まれるであろうと思います。

結局は何か、、といえば、これも「人事戦略」であり「人事」が組織において最も重要であるという証明だと思います。野球では、セイバーメトリクスを使って費用対効果を極限まで高めた人事戦略であると言えます。野球には様々な数字があり、数のスポーツ、記録のスポーツとよく言いますが、個人の成績結果から数値が出ますのでこれを可能にしました。

企業も結論を言えば資金、事業方針が決まっているのであれば、あとは結局人事が物を言います。というか人事が事業を決めると言っても過言ではありません。野球なら事業方針の最たる部分は勝つこと、会社なら利益を出す事、その為には人事采配がある意味全てともいえます。

企業には様々な事業があるので、評価基準がそれぞれ違うと思います。社員1人1人の功績を細かく数値化している大企業もあれば、そうでない会社もある。

または、数値に表わせない仕事もある。例えば、中間管理職は判断を下すのが仕事であり実行部門ではない事があります。つまりは野球ならコーチかもしれません。教育掛りも直接自分でやってしまえば教育も何もありませ。こういうのを数値化するのは難しい。

また、その時の状況、景気がいいとか悪いとか、天変地異もある。こういった部分を数値に反映して統計学から求めるのも難しい。野球でもそういったケースがあります。または、人には当然性格があって、そういった部分が会社や球団にも、影響する部分があります。ムードメーカーであり、嫌われ役の厳しい人、そういった人がいて、他の人間がよりいい成績を残す、そういった事もあります。なので、導入していない会社もあり、球団もある。マネーボールの主役であるビリー・ビーン氏はそういった部分を含めてどうやってセイバーメトリクスを導入していったのか非常に興味があります。

原作は読んでないので、とりあえず映画を見て、、と思ってます。

マスターの組織では、、まだまだそのような高度な人事評価システムや数値化等はありません。ま、多分この業界はほとんどそうかもしれませんけど、人事は置いといて数値に根拠を持たせるといった施策は常にしております。それもマスターのボスをはじめとして幹部の人達がそういった数値というものの分析を非常に大切にしている事から社員にもその風土が馴染んでいったという事でしょう。インターネットを介して商売しているならばある意味当たり前といった部分ではありますが、どの項目を重視するかこの点は企業それぞれ違いますので、常にトレーニングしないと、その重要な項目も時代とともに変化しますので数値には敏感になっていないといけません。

人事に関しての数値化まではさすがに、、そもそも割り出す項目すらぱっと出ませんが、、それゆえ中間管理職からトップまで見極める眼というのは常に磨いていかないといけないかもしれませんね。

とりあえず、マネーボール、、見に行こうかなと思います!

本日は、間もなく配信の前田優希ちゃんのセクシーコスでのギャラリーを!

めちゃめちゃ似合ってます。セクシー!!
BBガール

カワイイです、、更にかわいくなってます。
BBガール

そして、更におっぱいが成長してますのでご期待下さい!
BBガール


スポンサーサイト
[PR]

  1. 2011/11/08(火) 16:01:12|
  2. ボインマスターのひとり言
  3. | コメント:4

BB動画最新ニュース

プロフィール

BoinBB.com

Author:BoinBB.com
ボインBB|BoinBB.com|おっぱいマスター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード